育毛哲学 −薄毛を2ヶ月で改善するための育毛剤ランキング−

*

再生医療で薄毛改善する未来

      2016/03/13

細胞のイメージ画像

再生医療で薄毛改善する未来

先日、再生医療による薄毛改善方法が研究されているというニュースを読みました。再生医療を簡単に言うと、「失った体の組織などを自分自身の細胞を用いて再生すること」です。そのニュースによれば、失った髪の毛も再生医療によって復活するようになるとのことでした。

具体的には、自分のまだ髪の毛が生えている部分の細胞を取り出し増殖させた後、再度その人の頭皮に移植することで髪の毛が復活するという理論です。実際には頭皮ごと切り取って増殖や移植を行うそうですね。まさに再生医療を用いた薄毛改善方法であると言えます。そのニュースによれば2018年には実用化される予定とのこと。薄毛である我々にとっては朗報(?)なのかもしれません。

 

育毛剤と再生医療のどちらが良いのか

さて、順調にいって2018年に再生医療による薄毛改善方法が実用化されたとしましょう。ここで気になるのが、育毛剤や植毛とどちらが良いのかという点です。

まず重要なのは、この再生医療の方法が2018年に実用化までいったとしても、細胞を取り出し増殖させる時間がかかることです。ニュースによれば増殖させるのに数か月かかるということですから、結局、育毛剤を使って髪の毛を生やすのと薄毛改善にかかる期間には大差ありません。やはり、薄毛に悩む我々はいかに早く(かつ確実に)薄毛改善できるかが重要ですから、これなら実績のある育毛剤を使う方が無難かもしれません。

また、実用化されたばかりで実績もない方法に、おそらく数万~数十万(場合によっては数百万?)にもなるお金をつぎ込むべきかは考えなくてはいけません。※ヘアサロンや植毛の値段を考えれば、再生医療も当然これくらいの値段になるでしょう。

正直、実績がないというリスクやかかるお金というリスクを考えれば、しばらくは育毛剤などの実績がある方法を選ばざるを得ないと言えるでしょう。

 

再生医療と植毛の違いはある?

もう1点気になることがあります。植毛と同じリスクがあるという点です。

植毛の場合、その部分だけ半永久的に髪の毛が生えたままになるため、植毛した部分だけが残って他は薄毛になるという現象(離島)が起きます。再生医療による薄毛改善方法も同様の現象が起きる可能性があります。ニュースには、植毛との違いは移植するときの頭皮にかかる負担が軽減されること、としか記載されていませんでした。この離島といわれる現象が起きるリスクはありそうです。

 

しばらくはリスクがあるが研究が進めば育毛剤を超える

結論として、しばらくはリスクが高い薄毛改善方法となりそうです。

しかし、実用化されてさらに研究が進めば、育毛剤を超える「ポピュラーで低リスクな薄毛改善方法」になるかもしれません。今後も再生医療による薄毛改善方法には注目です。

 

 - 薄毛改善ニュース

  関連記事

育毛セット
たった2ヶ月で薄毛改善!管理人の育毛セット!
【売上No.1】たった2ヶ月で改善した実績ありの育毛セット!
キャピキシル育毛剤のトップ3
キャピキシル育毛剤徹底比較~最短最速で若ハゲ改善~
今1番効果が期待できるキャピキシル育毛剤比較!
研究のイメージ画像
ファーマフーズとシャルレが新規育毛活性成分HGPについての検証結果を発表

目次1 ファーマフーズの新規育毛活性成分HGP2 検証内容とその結果3 HGPの …

アイドラグラス
抜け毛がカウントできるアイドラグラス?

出典:http://prtimes.jp/main/html/rd/p/0000 …

チューリップの毒素
チューリップによる抜け毛で薄毛になる

目次1 チューリップで薄毛になった女性2 チューリップで本当にはげるのか?3 薄 …

スマホアプリイメージ
トレンディエンジェル斎藤さんのハゲダッシュが面白い

目次1 ハゲダッシュというアプリ2 薄毛を逆手にとったトレンディエンジェル ハゲ …

赤ちゃんのイメージ画像
生後2ヵ月の赤ちゃんがフサフサすぎて羨ましい

目次1 生後2ヵ月で大人並みにフサフサ2 赤ちゃんなのにフサフサはあり得るのか …

お茶のイメージ画像
ウーロン茶が抜け毛を減らし薄毛を予防する

目次1 リーブ21が発表予定2 ラーメン二郎マニアによる切り口が面白い3 ラーメ …

きな粉もち
きな粉で薄毛改善

目次1 きな粉が薄毛予防になる2 きな粉の栄養価3 続けやすいのがメリット4 カ …

オトコノスマ診の流れ
オトコノスマ診という革新

目次1 スマホで診断2 対面が前提?3 必ず対面診断が必要な場合、スマ診の魅力が …