育毛哲学 −薄毛を2ヶ月で改善するための育毛剤ランキング−

*

薄毛を改善できた髪の毛を太くする15の方法まとめ

      2016/07/17

太い髪の毛のイメージ画像

髪の毛を太くするたった1つの方法

髪の毛を太くするには、髪の毛に栄養分を送る必要があります。髪の毛が太くなるということは、髪の毛が栄養によって成長することだからです。あなたの体の成長と一緒なのです。

つまり、「栄養を摂取し、体や頭の血行を良くして栄養分を髪の毛まで運ぶ方法を考え実行することが髪の毛を太くするたった1つの方法と言えます。

食生活を良くしたり、育毛剤を使うのは、質の良い栄養を摂取するための手段でしかありません。運動をすること、ストレスを解消すること、頭皮マッサージだって、全ては栄養を髪の毛に届けるために血流を良くするための手段でしかありません。

手段はどれでもいいのです。

いかに質の良い栄養を摂取し、いかに血流を良くして髪の毛に栄養を送るか。これだけを考えましょう。

 

栄養の摂取について知っておいて欲しいこと

既にお話しした通り、あなたの髪の毛が細いのは摂取した栄養分が髪の毛に届いていないことが原因です。髪の毛が育っていないのです。

整理すると、以下の2つが髪の毛が細い大きな原因です。

  1. 栄養が足りていない
  2. 血流が悪く栄養が髪の毛に届かない

まずは1番の”栄養”についてお話します。以下の3つが具体的な方法とポイントです。

  1. 栄養はバランスよくとる
  2. サプリメントによる栄養摂取
  3. 育毛剤はスピードアップのために使う

 

①栄養はバランスよくとる

あなたは「髪の毛に良い栄養を摂取すれば良いんだ!」と思っていませんか?

髪の毛に良い栄養を摂取しようと考えて食事をすれば、栄養が偏って体には良くない場合があります。もちろん、脂っこい食事に偏るよりかは良いのですが、それでも髪の毛に良い食事に”偏っている”ことに変わりはありません。

栄養が偏れば体調不良になる可能性があり、体調不良になれば体を治すことに栄養が使われて、髪の毛まで栄養が届かないことになります。病気になった人をイメージしてみてください。病気になると薄毛になる人が多いのは栄養が体を治すことに使われるためなのです。

つまり、髪の毛を太くするために必要なこととは、髪の毛だけではなく、全身のためにバランス良く栄養を摂取することなのです。

【追記】

薄毛改善をしたい人は、髪の毛はムダ毛だと意識すべきです。頭を守るために生えているのが髪の毛なのです。

既にお話ししたように、体は体を正常に動作させるために優先的に栄養分を消費していきます。髪の毛には体を正常に動作させるために使われなかった栄養分(余った栄養分)が届き、髪の毛が育つのです。つまり、髪の毛をムダ毛と考えて、髪の毛は余分な栄養分で育っていると考えて欲しいのです。

そうすれば、全身のためにバランス良く栄養を摂取する必要があるのがわかっていただけると思います。

 

②サプリメントによる栄養摂取に頼ると危険

また、現代社会にありがちな誤解がもう1つあります。それは栄養サプリメントに関してです。

サプリメントは不足している栄養を簡単に補うことができる、とても便利なものです。しかし、管理人としては最初から栄養サプリメントに頼るのはオススメできないと考えています。なぜなら、サプリメントでとる栄養は食事から摂取する栄養と質が違うと考えているからです。

実際に、サプリメントは人口的に作られたもので通常の食事よりも栄養が体に吸収されづらいとも言われています。ちゃんとした食事で満腹感を得ながらバランス良く栄養を摂取し、髪の毛に良い栄養分だけ少し多めになるようにサプリメントで補う、というくらいが丁度良いのです。

 

③育毛剤はスピードアップのために使う

さて、栄養という観点から「育毛剤は必要ですか?」と聞かれることがあるので記載しておきます。

まず、育毛剤は薄毛改善をスピードアップするためのものだと考えてください。ベースには食事による栄養があるべきで、育毛剤だけで食生活や生活習慣の改善努力を全くしないのは良くないと考えています。食生活や生活習慣の改善努力を全くしないと、根本原因に対する対策が出来ていない状態なので「またいつハゲるか分からない」という恐怖におびえ続けることになってしまいます。まずは、食生活や生活習慣を変えて薄毛改善できる環境づくりを行い、育毛剤で一気に薄毛改善をスピードアップさせる、というのが理想だと覚えておいてください。

【追記】

以前、管理人は「食生活や生活習慣だけで薄毛改善は可能だ」とお話ししました。もちろんその考えに変わりはありませんが、最近では、食生活や生活習慣だけで薄毛改善する場合は、薄毛改善まで何年もかかってしまうリスクがあると考えています。現代社会では、ストレスや眼精疲労、成人病に代表される病気、等々を治すために栄養が使われて、髪の毛まで栄養が届きづらく薄毛改善が難しいからです。今後は、食生活や生活習慣の改善+育毛剤で薄毛改善を成功させましょう。

 

栄養を髪の毛に届けるために知っておいて欲しいこと

次に、”栄養を髪の毛に届けるための方法”についてお話します。でもその前に、頭皮の血行を良くする意味も簡単に復習しておきたいと思います。

 

頭皮の血行を良くする意味と方法

ハゲ対策には頭皮の血行を良くすることが重要だというのは一般的にも広く知られています。事実、頭皮の血行を良くするために努力をする人がいらっしゃいます。頭皮マッサージをしてみたり、シャンプーを変えてみたり、頭皮の血行を良くする育毛剤を使ってみたり…。この努力自体は間違えていないですし、確かに重要なことだと思います。

しかし、なぜ頭皮の血行を良くするべきなのか、その本当の意味を意識せずに「頭皮の血行を良くすればいいんだ」とだけ考えている人がいるのも事実。それでは、元気な髪の毛が生えてこずに、ハゲ対策も失敗してしまうことになります。

 

頭皮の血行を良くする意味とは

さて、なぜ頭皮の血行を良くすると髪の毛にとってよいのでしょうか。それは髪の毛にとって必要な栄養分が、血液の流れに乗って運ばれてくるためです。頭皮の血行を良くする努力をしていないと、栄養が頭皮まで運ばれてこなくなり、髪の毛がやせ細ってハゲとなってしまうのです。

(もちろん、タバコなど血流を悪くする習慣もやめましょう。)

※念を押しておきますが、食事による質の良い栄養分がなければ頭皮の血行を良くしたところで意味がないことはよく心得ておいてください。

 

管理人の髪の毛を太くする方法

さて、管理人が実際に行っていた血流を良くする習慣を紹介します。

まず、継続的に毎日行っていた髪の毛のための習慣は以下の通りです。

  1. 血流を良くするためにも食生活を見直す
  2. 頭皮のマッサージをする
  3. シトラス(スースーする)系のシャンプーを使う

髪の毛のためだけではなく、全身の血流を良くする努力もしました。

  1. 体のゆがみを直す
  2. ストレッチをする
  3. 肩こりや目の疲れなど習慣病に注意する
  4. 湯船に浸かる
  5. 寝る前に軽い腹筋など軽い運動を継続的にする
  6. 階段などちょっとした運動を意識する
  7. 冷たいものは控える
  8. お風呂場を出る直前に冷水を浴びる
  9. ホットタオルで首や目を温める

まずは、髪の毛のための習慣3つについてお話します。

 

①血流を良くするためにも食生活を見直す

これは髪の毛に必要な栄養分の摂取という意味のほかにも、コレステロール値を上げるような食生活により血流が悪くなることを防ぐ意味合いもあります。

他にも、食生活を見直すことで、ダイエット効果があり自分に自信が持てる、体調が良くなり気分がよくなる、など副次的な効果が見込めます。

私は、この副次的な効果は甘く見てはいけないと考えています。

周 りの人から「痩せたね」とか「どんなダイエットしたの?」とか聞かれると、自分に自信が持てて、ストレス解消(対策)にもなるのが私にとってとても大きな 支えとなりました。体調がよくなりすっきりした気分になることでも、ストレス解消になりましたし、さらに行動的になれて活動範囲が大きく広がりました。な んでもやってみようとポジティブになれたのは髪の毛にも良かったです。

 

②頭皮のマッサージをする

もちろん、私も頭皮のマッサージはやっていました。

シャンプーやお風呂あがりの時に、両手の手のひらで頭を覆うようにして10本の指の腹で頭皮を動かすように揉んでいました。たたくというよりは揉むようにして、毛穴の汚れを揉み出すようなイメージで動かすのがポイントです。

 

③シトラス(スースーする)系のシャンプーを使う

シトラス系のスースーするシャンプーを使うのもいいと思います。

シトラス系のスースーするシャンプーには賛否両論ありますが、私は実際にシトラス自体に育毛効果がなくても使用するべきであると考えています。なぜなら、誰でもあのスースーする感覚は「気持ちが良い」と感じますよね?その気持ちが良くすっきりする感覚を味わうことがとても大事なのです。

何度も言いますが、副次的な効果を甘くみてはいけません。メンタルケアという病気を治す方法があるように、人の感じ方ですとか、感覚や精神面は、大きくあなたの体の形成にかかわってきます。

ストレスが最も分かりやすいかと思います。ストレスも精神面の問題ではありますが、結果として肩こりやハゲ、場合によっては大病を引き起こしますよね?自分にとって気持ちが良いことや、すっきりする感覚を得られるものであれば進んで実行するようにしましょう。(もちろん、私はそうするようにしています。)「直接効果があるか否か」ではなく、「副次的な効果があるか」も考慮するようにしましょう。

 

続いて、全身の血流を良くする方法です。

 

①体のゆがみを直す。

私は頭皮以外の血行もよくするように努めていました。

私は体がゆがんでいるタイプの人間でした。体がゆがんでいると、全身の血流が悪くなり、肩こりや目の疲れ、全身の習慣病を引き起こす原因にもなります。私は腰痛も持っていて、その痛みに耐えられなくなるほどだったため整体に行って治療をしていました。

結果的に肩こりや目の疲れも軽減されていたので、整体に行ってゆがみを直すことが髪の毛にも良かったと実感しています。

 

②ストレッチをする。

これは体の血流をよくするためにお風呂あがりに行いました。運動ができないときは特に念入りに行っていました。体を柔らかくして、ゆがみを直す効果(ゆがまないようにする効果)も期待できます。

 

③肩こりや目の疲れなど習慣病に注意する。

肩こりや目の疲れは、それを治そうと体がビタミンを消費します。

既にお話した通りこれはほんの一例で、体のどこかの調子が悪いとき、体は栄養分を消費して治そうとします。髪の毛は体にとって栄養分を届ける優先順位が低いので、肩こりや目の疲れがあるとそれを治すために栄養が消費され、髪の毛にまで栄養分が届かないのです。

栄養分を髪の毛まで届けるために、肩こりや目の疲れなど習慣病に注意しましょう。他にも体を冷えないようにしたり、体に良いことはできる限りやってください。体の不調を回避して、栄養分がなるべく髪の毛にいくようにしましょう。

 

 

④湯船に浸かる

現代社会ではシャワーだけで、湯船に浸かることはあまりなくなってきているかもしれません。しかし、湯船に浸かって体の芯を温めることはとても体にとって良いことです。特に冬の間は体が冷えてしまい、それでは髪の毛が成長するための細胞分裂も停滞してしまいます。

必ず体を温めて、髪の毛を成長させられる環境づくりを意識しましょう。

 

⑥寝る前に軽い腹筋など軽い運動を継続的にする

 

腹筋10回で良いです。それだけでもあなたの体は温まります。そして、無視できない副次的な効果として”痩せて自信が持てる”ということがあります。

カロリーの高いものばかりをバクバク食べていれば、1日10回の腹筋で痩せられるわけがありません。しかし、あなたが髪の毛のために食生活に気を使っているのであれば、1日たった10回の腹筋でも痩せられます。要は、栄養と運動のバランスです。

健康のためにも軽い運動は必須です。

 

⑤階段などちょっとした運動を意識する

腹筋が辛ければ、普段の生活の中で軽い運動を取り入れましょう。

第一、現代人には運動する時間 (趣味以外でという意味。)があるとも思いません。そこで、あえて普段の生活で、エレベーターやエスカレーターではなく階段を上る、などのちょっとした運動をすることをオススメします。日々の積み重ねが重要なのです。

 

⑦冷たいものは控える

冷たいものは内臓に負担をかけます。そのため、内臓が疲れやすくなり、内臓の疲れを治すために栄養分が使われるようになります。冷たい飲み物はしばらく常温で置いてから飲むようにしていました。

 

⑧お風呂場を出る直前に冷水を浴びる

お風呂からあがる際に、冷たい冷水を浴びるようにしていたことがあります。冷たい冷水を浴びてからあがると、あがった後に冷えた体を温めようとする機能が働くため結果的に体がポカポカするのです。湯船に浸かって体の芯が温まっていればシャワーで冷水を浴びる程度で風邪をひくことはありませんし、いつも以上に体がポカポカして湯冷めしないので冬は快適ですよ。

※ただし、湯船と冷水の温度差が体の負担になることがあるので、体に不安がある方は注意してください。自己責任でお願いします。

 

⑨ホットタオルで首や目を温める

ホットタオルは一番効果的かもしれません。首などの太い血管があるところにあてていると体全体が温まります。

また、ホットアイマスクのように目にあててると眼精疲労にも効果的です。ホットタオルはリラックスする効果も期待できるので、手間はかかりますが、毎日でも行って欲しい薄毛改善療法と言えます。

管理人の髪の毛を太くする方法はいかがでしょうか。今まで他にも色んな薄毛改善方法を紹介してきましたので、驚異的育毛哲学(知識編)を隅から隅まで読んでみてください。

 

驚異的育毛哲学(実践編)の紹介

いかがでしょうか。

さらに細かく分けると、まだまだ実践していた髪の毛を太くする方法がありますが、今日はこのくらいにしておきます。

管理人の日々の育毛生活については、以下の”驚異的育毛哲学(実践編)”にもまとめていますのでぜひご覧ください。

 

 - 薄毛を改善する

  関連記事

育毛セット
たった2ヶ月で薄毛改善!管理人の育毛セット!
【売上No.1】たった2ヶ月で改善した実績ありの育毛セット!
キャピキシル育毛剤のトップ3
キャピキシル育毛剤徹底比較~最短最速で若ハゲ改善~
今1番効果が期待できるキャピキシル育毛剤比較!
眼精疲労になったサラリーマンのイメージ画像
PCの眼精疲労が薄毛を進行させる!サラリーマンは要注意!

目次1 管理人も眼精疲労2 眼精疲労がなぜハゲる原因なのか2.1 1.目の周りの …

「メンタル強化ができる良本」と「頭皮刺激軽減の具体的な3つの方法」

目次1 つむじハゲを治すあなたが気づいていない2つのポイント2 メンタル強化につ …

カプサイシンのイメージ画像
カプサイシン+イソフラボンで発毛すると毛深くなる

目次1 カプサイシンとイソフラボン発毛をやってみた2 目的を考えるとムダ毛が濃く …

生え際を食い止めるイメージ画像
生え際が後退する20代の育毛対策実践

目次1 生え際が後退する20代の育毛対策実践2 20台で生え際が後退する理由3 …

前髪が少ない人
前頭部がスカスカになる原因と対策3つまとめ

目次1 前頭部がスカスカになる人とは2 前頭部の薄毛のあなたが知らない2つの原因 …

おでこの産毛のイメージ画像
おでこの産毛を増やすために本当に必要なこと

目次1 おでこの産毛を増やそうとしていなかった管理人2 栄養を頭に送るだけ3 強 …

分け目のイメージ画像
分け目がはげるのは髪型を変えて改善

目次1 分け目がはげるという悩みは高齢者に多い2 分け目がはげる原因まとめ3 分 …

髪の毛のボリュームアップのイメージ画像
3分で髪の毛のボリュームを増やす方法

目次1 あなたの髪の毛にボリュームがない理由2 髪の毛のボリュームを増やす方法3 …

シャンプーのイメージ画像
髪の毛が細いのはシャンプーだけでは治らない

目次1 栄養分が足りていないから髪の毛が細い。2 髪の毛が細いのはシャンプーだけ …

地肌が見えるイメージ画像
地肌が見える人はハゲであることを認識すれば克服できる

目次1 地肌が見える状態を2ヶ月で治した管理人が思う”薄毛改善に絶対必要なこと” …

若ハゲの原因のイメージ画像
若ハゲの原因は現代社会にある

目次1 若ハゲは現代病。2 会社のエレベーターで若ハゲの人に囲まれて気づいたこと …

健康的になるイメージ画像
薄毛の改善はヘアサイクル改善を1番に考える

目次1 ヘアサイクル改善こそが若ハゲを治すことである2 あなたが薄毛である証拠3 …

髪が生える前提条件のイメージ画像
髪が生える前提条件とは?

目次1 髪が生える前提条件とは?2 管理人も昔は同じ悩みを抱えていたが、今は髪が …

側頭部が薄い人のイメージ画像
側頭部が薄いのは他のハゲの影響と考えて薄毛改善

目次1 側頭部が薄いのは眼精疲労だけが原因ではない2 他のハゲの影響で側頭部が薄 …