育毛哲学 −薄毛を2ヶ月で改善するための育毛剤ランキング−

*

育毛剤の選び方(さぁ、公式ページを読み解こう)

育毛剤は有効な手段となる

食生活や生活習慣の改善だけでも薄毛改善は可能です。

しかし、かなりの努力を継続しない限り、薄毛改善の成功(フサフサを得ること)には何か月~何年という月日かかる可能性があるのも事実です。

 

そんな大変な思いをせず、かつ、確実に育毛を成功させるために育毛剤は有効な手段となります。

 

ここでは、たくさんの育毛剤の中から自分に合った育毛剤をどう選ぶべきなのか、について管理人なりの考え方をお話しします。

 

 

育毛剤の選び方

育毛剤を選ぶ際には、育毛剤に関する情報を集めることが何より重要です。

それが全てだと言っても過言ではありません。

 

そして、その情報の信頼性が高いことがなにより重要であり、管理人としては公式ページを読み解くことが一番であると結論づけました。

 

インターネット上には色んな情報が転がっていますが、信頼性がイマイチなものもあります。

育毛剤を実際に買って・使い・レビューしている記事も多く信頼性がある一方で、やはり中には会社から払われる広告料に評価が左右されているページもあったりします。

そんなページは根拠があいまいなことも多いですね。

 

そんな育毛剤選びのトラップ(?)に引っかからないように、

ここでは、管理人が実践している公式ページの読み解き方について解説します。

 

 

管理人が実践している公式ページの読み解き方

管理人は以下の点に注目して、育毛剤の公式ページを読み解いています。

  • どのような仕組み(理論)で髪の毛が生えるのか
  • 商品の宣伝に終始せず、育毛剤へのこだわりや独自の考え方があるか
  • 薄毛に悩む人の立場にたった考え方があるか
  • どういった成分が入っているか、副作用はないか

 

その他、注意点もありますので読み解き方の後で解説しますね。

  • 後悔しないという基準
  • 世間の評判について
  • アンケートについて

 

1つ1つ解説していきます。

 

 

どのような仕組み(理論)で髪の毛が生えるのか

まず、一番重要なのが、その育毛剤を使うとどのような仕組みで髪の毛が生えるのかという点です。

 

例えば、公式ページで「この育毛剤を使えば髪の毛が生えます」と1万回言われたところで、根拠がなければ説得力はなく、その育毛剤を使おうとは思えないですよね。

やはり、髪の毛が生える根拠や、その説明に説得力があるかが一番重要です。

根拠があるから育毛剤を信じて使い続けられるのです。

 

信頼性に関わる部分でもありますし、管理人としては、公式ページにはなぜ髪の毛が生えるのかを説明する義務があるとすら考えています。

 

ただし、根拠が記載されていれば問題ないというものでもありません。

中には、髪の毛が生える根拠を並べて、育毛剤を売ろうとしている業者があるかもしれません。

 

そこで次に説明する「思い」が重要になってきます。

 

 

商品の宣伝に終始せず、育毛剤へのこだわりや独自の考え方があるか

次に、公式ページで商品の宣伝だけではなく、育毛剤に対する思いがあるかが重要です。

 

我々に必要なものは、開発者や会社を潤すような売れる育毛剤ではなく、我々が使って髪の毛が生えてくる効果のある育毛剤です。

公式ページに「この育毛剤は凄いんです!」とか「生えてきます」「しかも安いんです」というよな、宣伝文句ばかりを並べて、売り上げのことだけを考えている育毛剤はNGと言わざるを得ません。

正直、買う価値がないです。

 

考えてみてください。

あなたが誰かを理解しようとするとき、「自分は凄いんです!」という人を信頼できますか?

やはり、「私はこういう人間です。こういう考え方を持っています。」と、思いを語ってくれる人の方が信頼できますよね?

 

管理人としては、育毛剤、育毛剤の販売者や開発者も一緒だと思います。

 

我々消費者のことを考えて、髪の毛を生やすにはどうしたら良いのか、とことん考えて悩んで開発に取り組んでいる育毛剤であれば、その溢れんばかりの思いが公式ページで語られるはずなのです。

 

ミノキシジルではなく、なぜキャピキシルを軸にして育毛剤を作ったのか?

なぜ成長因子に注目するようになったのか?

 

思いの種類や観点はいくらでもありますので、我々としては、思いがあるか否かに注目しておきましょう。

 

 

薄毛に悩む人の立場にたった考え方があるか

どんなに思いが込められた育毛剤でも、我々の立場にたった考え方がなければ意味がありません。

 

極論ですが、例えば開発者が「こだわって超カッコイイ容器にしてみました」といったところで、我々が求めているのはそんなことではありません。

我々のような薄毛に悩む人は何を求めていて、どういった育毛剤が必要とされているのか、という考えが商品開発の根底にあるべきです。

 

育毛剤は高い買い物であり何度も買い直すことは難しいですから、消費者の立場にたって、必要とされているものが何かを考え、それが凝縮されている育毛剤を選びましょう。

 

 

どういった成分が入っているか、副作用はないか

1番最初の「どのような仕組みで髪の毛が生えるか」に通ずる部分があるのですが、

どういった成分が入っているか、一覧表示があるかどうかに着目しておきましょう。

 

育毛剤に何が入っているのか、それが分からなければ怖くて使えないですよね。

消費者に言えない成分が入っているなんて論外です。

 

成分一覧表などで入っている成分が公表されている事実が重要ですね。

育毛剤を理解してもらおうという姿勢があるか否かをチェックしましょう。

 

 

妥当な料金設定か

ここからは注意点などの補足になります。

料金設定が妥当かどうかもできる範囲で確認しておきましょう。

 

しかし、成分1つ1つの価値(値段)を確認することは不可能です。

主成分と、他社製品の値段設定との比較の2点に注目しましょう。

 

例えば、ミノキシジル3%配合で200mlの内容料の商品があるとします。

しかし、そんな商品の値段が、ミノキシジル5%配合で200mlの内容量の商品よりも高いとちょっと信頼できないですよね?

ミノキシジル以外の成分がたくさん入っていて、しかも、それがミノキシジルに負けない有効成分でないと、5%配合の商品より3%配合の商品の値段が高くなるということは有りえないと思います。

 

料金設定は販売会社の姿勢が出やすいところであり、上記のような比較が可能なため、ごまかしが効かないところです。

出来るだけ、主成分と、他社製品の値段設定との比較、の2点をチェックしましょう。

 

 

後悔しないという基準

次は後悔しないという基準についてです。

 

育毛剤を買うときにあなたに意識して欲しいのは、「後悔しないこと」だということです。

 

例えば、あなたが高いお金を出して育毛剤を買ったとします。

しかし、その育毛剤を使い続けても効果が出なかったとしますよね?

そのとき、あなたはどう考えるでしょうか。

 

「ふざけるな。販売会社はウソつきだったのか。」と考えるでしょうか?

もしくは、

「納得して買ったから後悔はない。1から薄毛改善をやり直そう。」と考えるでしょうか?

 

ここで重要なのは、その育毛剤をどこまで信頼しているかです。

育毛剤を買うなら、自分が後悔しないポイントは全て抑えた、という状態まで調べつくして信頼して買ってほしいのです。

 

そうすれば、育毛剤を疑わずに使い続けることが出来ますし、「もしかしたら生えてこないかも」という不安も減らせることができます。

ストレスを感じることも減りますね。

つまり、薄毛改善が成功しやすくなるのです。

 

誤解しないでほしいのは、公式ページにウソが書いてあったりした場合にも、騙された方が悪いと言っているわけではないということです。

あくまで言いたいのは、後悔しないくらい自分で納得して信頼してから買ってほしいということです。

 

それが結果的にあなたのためになることを、管理人が今まで育毛剤を買ってきて実感しているからです。

 

 

世間の評判について

世間での評判は目安にしかならないと考えています。

 

どんなに信頼する人が「この育毛剤で生えました!」と言っていたとしても、それがあなたにも当てはまるかは別問題です。

あくまで、あなた自身が判断し、自分で納得して買うべきです。

 

もちろん、色んなメディアやサイトで紹介されている育毛剤は、注目度も高く、下手な宣伝はできないということで信頼性が比較的高い傾向はあります。

しかし、それでも簡単に信じるのはオススメできません。

 

必ず、自分の目で調べて、納得して育毛剤を買いましょう。

 

 

アンケートについて

販売会社などが実施したアンケートが公式ページに掲載されている場合があります。

しかし、このアンケートは要注意です。

 

  • 100人の使用者が満足と言っています。
  • 1000人の使用者に髪の毛が生えてきました。

 

このようなアンケート結果を見たことがあると思います。

 

しかし、満足とは、髪質が良くなって満足な人もいれば、髪の毛が生えてきた実感があるから満足な人もいます。

あくまでどんな条件のもとで算出された数字なのかは考慮しておくべきです。

 

髪の毛が生えてきたというのはただの主観なのか、科学的に髪の毛が生えてきたという基準があるのか。

育毛剤を毎日使っていたひとがアンケート対象なのか、1週間に1回の人も含んでいるのか。

 

条件は販売会社が勝手に設定し、自分に有利になるように数字を操作している場合もありますので、条件は必ず確認してください。

条件の記載がない場合は、信頼できないと判断して問題ありません。

 

 

育毛剤選びのお手伝いをします。

いかがでしょうか。

 

言うだけでは説得力もないと思います。

ですので、このページで紹介した読み解き方に沿って、実際に各育毛剤の公式ページを読み解いていきたいと思います。

それがあなたの育毛剤選びの助けにもなると思います。

 

しかし、あくまで最後に判断を下すのはあなたです。

後悔しない育毛剤選びをしてください。

 

 

公開日: