育毛哲学 −薄毛を2ヶ月で改善するための育毛剤ランキング−

*

ハゲる理由となるあなたが気づいていない6つの意外な習慣

      2017/05/11

ハゲる理由のイメージ画像

ハゲる理由となるあなたが気づいていない6つの習慣

ハゲる理由となる習慣は意外と気づいていないものが多く、あなたも普段当たり前のようにやっています。神経質になり過ぎる必要はありませんが、少し意識してこれらの習慣を変えるだけで、劇的にはげを改善できます。

このページではその習慣をあなたにも知っていただき、はげの改善に役立ててもらおうと思いますが、当然、生活習慣とか、食事とか、運動というありきたりなものは書きません。これらの習慣を改善するのは、もはや当たり前のことだからです。また、これらの6つの習慣は、全て管理人が実体験したものです。

管理人の場合、予防することができず、既に習慣化していたため治すのにとても苦労しました。そのため、ここではあなたが今すぐ予防を意識していただけるように対策も一緒に書いていますので、ぜび、はげの改善にご活用ください!

 

1.スマホやPCで眼精疲労

スマホやPCで、一日中常に画面を見続けていませんか?

眼精疲労は目の周りの筋肉の凝りを引き起こすため、血行が悪くなり、はげの原因になります。目の上の部分に当たる、前頭部のはげが最も引き起こされやすい症状ですが、実体験からはげ全般に影響すると思っています。

対策としては、電車では画面を見ないなど、一日のうち目を休める時間を決めてしまいましょう。仕事中も2時間毎に休憩をとるなど工夫が必要です。目薬も良いですね。

また、家に帰ってからはホットアイマスクがおすすめです。最近では、薬局でも使い捨てのものがあります。目を上下左右に動かすストレッチ体操もありますが、管理人は長続きしなかったため、時々思い出したときだけやるようにしてました。

 

2.お風呂はシャワーだけ

お風呂はシャワーだけだという人も多いと思います。しかし、これでは冷えて凝り固まった体をリセットするには不十分です。ずっと血流が悪いままで、改善されるタイミングがなくなってしまっている状態です。

湯船につかることで、血流が良くなり体が芯から温まるようになります。何よりも湯船はリラックスできますし、はげにも効果があると思います。お風呂を汚れを落とすだけのものと考えるのはやめましょう。

 

3.体のゆがみ

体のゆがみは日々の生活で蓄積されていき、お風呂やストレッチをしていたとしても治らないものです。ゆがむことで、変な部分に圧がかかり、体の凝りや血流の悪さを引き起こします。

管理人も慢性化していたため、整体師さんやカイロプラクティックにいくつか行ってみて、自分に合う整体を探して通っていました。ちょっとお金がかかりますが、余裕がある状況なら是非おすすめです。

管理人の場合、凝りがひどすぎて背中がつったり、ピクピクと痙攣を起こすぐらいの状況でしたので通い続けるようにしました。あなたも何かひどい症状が出ているなら、それをきっかけとして通ってみるのも良いかもしれません。

 

4.髪を触る癖

髪を無意識に触る癖はありませんか?

管理人は、友達と話しているときに無意識に触ったり、考え事をして悩んでいるときに髪をかき上げたりしていました。

日中、手には色んなバイ菌がついていますし、何回も触っていると地肌を傷つけるかもしれません。さらに、髪をかき上げたりすれば、根元に負担がかかることは明らかです。これは癖を直すようにするしかありませんが、帽子をかぶったり、なるべく気をつけてみてください。

 

5.過度な筋トレ

過度な筋トレはあなたのはげを進行させます。過度な筋トレをすることにより、男性ホルモンが過剰に分泌され、はげを進行させます。

過度な筋トレと言っていますが、要は、男性らしくなる行動がNGということです。女性ホルモンと同様の働きをするイソフラボンなどを摂取することでバランスを取りましょう。ただし、イソフラボンなどは筋肉をつきにくくするため、結局、筋トレをしすぎないという選択肢に落ち着くんですけどね…。

 

6.整髪料

この育毛哲学でも何度かお話ししていますが、管理人がはげ始めてから、ワックスなどの整髪料をつけるとガラッと髪質が悪くなることがありました。はげると髪の毛が弱っていて、整髪料などに弱くなっているのでしょう。整髪料は髪の毛に接着剤を塗っているわけですし、こう考えると髪の毛が弱るのも当然ですね。

また、髪の毛は汗で常に蒸れている状態なので、整髪料が溶け落ちて地肌にべっとりとくっつきます。それが時間とともに酸化していくので地肌に良いわけがありません。

管理人としては、人に会うときなど重要な場面の直前でのみ整髪料を使うという結論に落ち着きました。身だしなみも大事ですから、使うなとはいいずらいですしね。

 

習慣を見直すのは、明日からではなく今から

いかがでしょうか。

意外と世間では語られていませんが、あなたがいつも行っている習慣がかなりあったと思います。

  1. スマホやPCで眼精疲労
  2. お風呂はシャワーだけ
  3. 体のゆがみ
  4. 髪を触る癖
  5. 過度な筋トレ
  6. 整髪料

これらの習慣は、血行が悪くなるとか原因を考えればはげるのは明確なのですが、現代社会ではしょうがない…とか言い訳になるものがあるため目を背けがちです。目を背けてもあなたのはげは改善しません。

今すぐ、この6つの習慣を見直しましょう。

 

一般的なハゲる理由の復習

直接的なハゲる理由3つ

ここまで、ハゲる理由となるあなたが気づいていない6つの習慣をご紹介しましたが、
このページを訪問していただける人からは、一般的に知られているハゲる理由についても教えてくださいとリクエストを頂くことがあります。

そこで、このページでは一般的なハゲる理由も復習してみたいと思います。

これからご紹介するハゲる理由については薄毛の前提知識と言えるくらい基本的なものなので、既に知っている方も多いのではないでしょうか。「もう知ってるよ!」と思った方は読み飛ばしてください。

さて、一般的にハゲる理由は以下の3つと言われています。

  • 男性ホルモンDHT(ジヒドロテストステロン)
  • 頭皮環境の悪化
  • 遺伝

男性ホルモンであるDHTは、毛髪の元となる毛母細胞の働きを低下させることが分かっています。そのため、DHTを抑制することが薄毛改善には重要だと言われています。

頭皮環境の悪化は、言い換えると「髪の毛が育たなくなる頭皮環境である」ということです。脂っこい食生活をしていて頭皮が脂でベトベトになっている人や、紫外線にやられて頭皮が荒れている人などのことです。これは目に見えるというか肌で感じられることなので、ある程度は想像できるかと思います。

最後に遺伝ですが、これはあまり気にしなくてよいと思います。というよりも、気にしてもどうにもならないからです。遺伝による薄毛は医学的根拠はないという説もありますし、遺伝が原因だったところで、我々ができるのは、できるだけ薄毛にならないような生活習慣を送り頭皮環境を良くすることです。「遺伝だから…」とウジウジしていても良いことなんてないですよ!

 

ハゲに直結する行動と具体的な対策

さて、ではハゲないためにはどうしたら良いのでしょうか。

ここからはハゲに直結するやってはいけない生活習慣をご紹介します。生活習慣を見直し、薄毛改善を目指しましょう。

 

1.睡眠不足

睡眠不足によって、成長ホルモンが分泌されて髪の毛が作られる大切な時間が奪われてしまいます。

また、睡眠不足は疲れた身体をリセットする大切な時間です。ストレスの解消にもなりますし、頭皮や髪の毛に蓄積されたダメージを修復する大事な時間でもあります。

睡眠不足によって、薄毛の原因となる男性ホルモンの過剰分泌に繋がるとも言われています。

「最近、睡眠不足だなぁ」と思う人は要注意です。

管理人は以下のことに気をつけていました。

  • 1日6時間は睡眠をとる
  • 睡眠時間が不規則にならないように毎日同じ時間に寝る
  • 夜22時~深夜2時の成長ホルモンが分泌されるゴールデンタイムに寝る

ぜひ参考にしてみてください。

 

2.乱れた食生活

外食などで食生活が乱れ栄養が偏ると、髪の毛に必要な質の良い栄養が摂取できなくなります。そうなれば、当然髪の毛が育たなくなります。ヘアサイクルも乱れて抜け毛も増えてしまいますね。

さらに気をつけたいのが脂っこい食事です。

脂っこい食事をとることで、頭皮の皮脂が過剰に分泌されて、頭皮が脂でベトベトになってしまいます。髪の毛が育たない劣悪な頭皮環境の出来上がりですね…。

いきなり食生活全てを改善するのは難しいので、夕食だけでも意識して変えてみてください。

 

  • 外食は控える
  • カロリーの低いものにする
  • 寝る3時間前に夕食をとらない

 

カロリーの高い外食を控えて、寝る前に食べないよにしてください。寝る前に食事をすると、寝てる間も身体が食べ物の消化を始めてしまい休めません。

あなたの体はあなたの食べる物で出来ています。身体づくりを今まで以上に意識しましょう。

 

亜鉛を意識的にとろう!

亜鉛は髪の毛を作るのに必要な成分です。また、薄毛の原因になる男性ホルモンDHTが作られるのを防ぐ効果があります。

亜鉛は精子を作るのにも必要な成分です。射精のしすぎは亜鉛の不足を招くので、DHTが作られるのを防ぐことができず薄毛の原因になるのです。

管理人も亜鉛サプリを飲んでました!亜鉛サプリはビタミンB2やビタミンCと一緒にとると吸収率もアップしますのでオススメです。

 

3.過度なストレス

過度なストレスは血流を悪くします。ストレスによって血管が縮小してしまうから血流が悪くなるのです。

血流が悪くなることで栄養分が髪の毛まで運ばれなくなります。結果として髪の毛が育たなくなってしまうのです。

ストレス解消のために趣味を持つことは必須です。自分の好きなことをする時間を持ちましょう。

管理人が薄毛を改善しようとして実際に感じたのは、生活リズムがとても重要だなということです。生活リズムを一定に保つ努力をすることで、身体のリズムも保ててストレスを感じづらくなりますし、身体への負担が減ります。

また、趣味や自分の好きなことをする時間も確保しやすくなるのです。「忙しいから…」などと言わず、1日のスケジュールをしっかりと決めて、無理矢理でも生活リズムを作ってみてください。きっと管理人の言っていることが分かっていただけると思います。

 

4.喫煙

血流を悪くしてしまう習慣として喫煙もあります。喫煙が血流を悪くするのは有名な話なので知っている方も多いと思います。

薄毛を改善しようと努力する間だけでも喫煙をやめてください。

 

5.負担のかかる髪型

髪の毛にはつむじのように髪の毛が生えている方向(髪の毛の流れ)があります。それに逆らうように髪型をセットすることで頭皮に負担がかかります。

詳しくは「髪の分け目とつむじの関係を理論的に考察してみる」のページを読んで欲しいのですが、薄毛を改善する間だけでも髪の毛をセットしないようにすることも考えてください。

※整髪料については既にお話しした通りです。使い過ぎ要注意!

 

6.紫外線による頭皮へのダメージ

特に夏なのですが、紫外線による頭皮へのダメージを甘く見てはいけません。

紫外線により頭皮が日焼けを起こします。

日焼けはやけどです!!!

頭皮がダメージを受けて髪の毛が育たなくなるのを想像するのは簡単ですね。

 

7.シャンプーのしすぎ

シャンプーをしすぎるのも良くありません。

シャンプーをしすぎると必要な頭皮の皮脂まで取り除いてしまいます。

健康な頭皮でも皮脂はある程度存在するものなので、シャンプーによって多くの皮脂が取り除かれてしまうと、それを補おうとして皮脂の分泌が活発になってしまいます。

結果的にベトベトの頭皮になりやすいのです。

 

8.雨で濡れた髪の毛を乾かさない

雨で濡れた髪の毛を乾かさないのも良くありません。

髪の毛を乾かさないと、蒸れた頭皮の上で雑菌が繁殖してしまいます。

お風呂上がりのときはきれいな頭皮なので幾分マシと言えますが、雨で濡れた髪の毛を乾かさないのは薄毛の人にとっては自殺行為でしょう。

 

今すぐ生活習慣の改善を!

ハゲる理由となるあなたが気づいていない6つの習慣の他に、一般的なハゲる理由もご紹介しました。

一般的なハゲる理由については既に知っているものも多かったかもしれませんが、実際に生活習慣を改善して予防している人は少ないです。

これを機会に、最初にご紹介した6つの習慣だけでなく、一般的なハゲる理由についても復習した上で生活習慣を見直してみてください。

 

 - 薄毛を知る

  関連記事

育毛セット
たった2ヶ月で薄毛改善!管理人の育毛セット!
【売上No.1】たった2ヶ月で改善した実績ありの育毛セット!
キャピキシル育毛剤のトップ3
キャピキシル育毛剤徹底比較~最短最速で若ハゲ改善~
今1番効果が期待できるキャピキシル育毛剤比較!
M字はげのイメージ画像
M字はげの原因が適当すぎるから、管理人が本気で考察します。

目次1 管理人もM字はげを気にした時期がある2 M字はげになる原因は2つある2. …

抜け毛に毛根がないのは髪が育たない証拠。あなた薄毛進行中ですよ!

目次1 抜け毛に毛根がないなんて意味がわからなかった2 でもすぐにその意味がわか …

つむじはげのイメージ画像
つむじはげの原因と対策3つまとめ

目次1 つむじはげの原因は髪の毛が細くなること2 つむじはげの原因は&#8221 …

はげの種類のイメージ画像
ハゲの種類は4つだとシンプルに考えたら克服できた

目次1 ハゲの種類は4つしかないと考えた1.1 前頭部ハゲ1.2 後頭部ハゲ1. …

頭皮の皮脂の塊で悩む人のイメージ画像
頭皮の皮脂の塊から学んだ見えない敵の恐ろしさ

目次1 頭皮の皮脂の塊が急にとれるようになった2 頭皮の皮脂の塊がとれる原因は、 …

髪の毛がパサパサになるのは男の薄毛サイン

目次1 髪の毛がパサパサになったら薄毛になった2 枝毛も多かった3 栄養が足りず …