育毛哲学 −薄毛を2ヶ月で改善するための育毛剤ランキング−

*

キャピキシル育毛剤徹底比較~最短最速で若ハゲ改善~

      2016/06/19

キャピキシル育毛剤のトップ3

キャピキシル配合育毛剤トップ3を徹底比較

育毛剤
総合評価 主成分 理論/コンセプト 使いやすさ 1mlあたりの価格 返金保障
deeper3dの画像
deeper3D
1位
キャピキシル
成長因子
モンゴロイド3大伝承成分
成長因子を重要視
スポイト
(目盛り有)
231円 到着後14日以内
(お試しボトルのみ使用の場合)
フィンジアのボトルと箱
フィンジア
2位
キャピキシル
ピディオキシジル
ゲートアクセス理論 スプレー式 256円 30日返金保障
ボストンスカルプエッセンス
ボストンスカルプエッセンス
3位
キャピキシル
ピディオキシジル
薄毛だった創業者 スポイト
(目盛り無し)
266円 180日返金保証、
1か月分のみ返金、
セット商品対象外

 

キャピキシル以外の成分でdeeper3dが一歩リード

さて、1つ1つの育毛剤を比較していきます。最初は主成分です。主成分に関してはdeeper3Dが一歩リードしています。

まず3つの育毛剤は全てキャピキシルが5%以上配合されています。キャピキシルは5%以上配合されていないと効果がないのですが、これに関してはどの育毛剤もクリアしています。

しかし、問題はキャピキシル以外の成分。

deeper3dは成長因子に注目し、なんと8種類の成長因子を配合しています。成長因子は、AGAクリニックなどで頭皮に注入する手術を受ければ10万円以上かかるほど高額なものですが、その分とても効果が期待できるものです。実際に管理人が薄毛を克服したのがその証明でもあります。そして、残念ながらボストンスカルプエッセンスとフィンジアには主成分と言えるほどの成長因子が入っていません。

ボストンスカルプエッセンスとフィンジアにはピディオキシジルが入っています。ピディオキシジルはよくミノキシジルと同じような効果が期待できると言われますが要注意です。なぜなら、ピディオキシジルについて調べると「まつげ育毛剤に入っているから効果がある」とか「髪が伸びる早さがミノキシジルと同じで、髪を生やす力は低い」といった評価があるからです。確かに良く考えてみれば、ミノキシジルと同じ効果があるなら、ピディオキシジルを全面に推した育毛剤があってもおかしくないですよね?しかし、ピディオキシジルを主成分とした育毛剤はありません。これが真実なのです。

成長因子とピディオキシジルの差、これが主成分の評価結果にある差となっています。

因みに、他にもボストンスカルプエッセンスのフラーレンとか、他のサイトではピックアップされる成分が色々あるのですが、髪を生やすことに直接関係なかったり(頭皮環境を良くする栄養分だったり)するので気にする必要は有りません。

育毛剤は、髪に直接作用する成分で選ぶべきです。

※「育毛剤を選ぶポイント」と「育毛をするときのポイント」は違います。頭皮環境を良くすることは育毛剤ではなく、シャンプーや生活習慣の役割です。

 

理論とコンセプトはdeeper3dの圧勝

理論とコンセプトもdeeper3dがリードしています。

deeper3dはモンゴロイドやインディアンに注目し、モンゴロイド3大伝承成分を取り入れてます。これは、本当に髪を生やすにはどうするべきか考え抜き、こだわりを持つ開発者でないと持てない着眼点でしょう。公式ページを読んでいると開発者の想いが伝わってきて信頼感を持つことができます。信頼できる育毛剤を使っていると「生えてきそうだ」と自信をもって育毛を続けることが出来ます。あなたが自信を持って育毛に取り組みたいならdeeper3dが絶対のオススメです。

フィンジアについてはこれからの育毛剤です。フィンジアのゲートアクセス理論は、カプサイシンによる発汗の際に毛穴が開くことを利用して育毛剤の浸透を促すという理論です。辛いものを食べたときのアレですね。身近な現象を利用した分かりやすい理論で、人によってはdeeper3dよりも信頼感を感じる人はいるでしょう。あとは結果が出てくればフィンジアもdeeper3dと並ぶ育毛剤となるでしょう。

現時点では、deeper3d > フィンジア 、といったところでしょうか。

※ボストンスカルプエッセンスには理論が感じられません。薄毛だった創業者が販売していますので理論やこだわりはあるはずですので、それを全面に押し出して欲しいと思います。

 

使いやすさはフィンジアに分があり

管理人にとって、フィンジアのスプレー式は革命でした。それまではスポイト式しか知りませんでしたので、液垂れも経験していて、正直ちょっと使いづらいかなと思ったことはありますから。

●スポイト式 ●スプレー式
スポイトの目盛り フィンジアのボトル

 

ただし、スポイト式も使いづらい代わりに、気になるところ(管理人はつむじ部分)を重点的に育毛できるという利点もあります。要は考え方なのかもしれません。

あくまで「髪の毛が生えそうな信頼感」「納得して買える」「後悔しない」という点が管理人の育毛剤選びのポイントなので、使いやすさは参考程度にどうぞ。

 

価格と返金保障は気にしない。大差なし。

まず、育毛剤を最初に選ぶときに価格は気にしてはいけません。育毛剤はあくまで、髪の毛が生えるか生えないかで選ぶべきです。数千円や数百円の差にこだわって失敗することこそ愚の骨頂です。

因みに、表の1mlあたりの価格は単品の価格で比較しています。購入方法についてはセット購入とかバリエーションが多々ありますので、購入する育毛剤を決めてから単品かセット購入かを決めましょう。

そして、気になる返金保障ですが大差ないです。deeper3dの14日とかフィンジアの30日はほとんど変わりませんし、ボストンスカルプエッセンスの180日も条件が複雑だったり、実際に返金されるのは1ヶ月分の代金だったりします。

あくまで育毛剤を選ぶときは、髪の毛が生えそうか、自分が理論やコンセプトに納得できるか、ここに注力して選ぶべきです。納得できるから自信を持って育毛できる。自信を持って育毛するから成功するのです。

 

 

 

 

 - 育毛剤